健康

喉の粘膜を鍛える方法や食べ物は?コロナ・インフル・花粉症対策に!

投稿日:

Facebook にシェア
Pocket

世界的規模で猛威をふるっている新型コロナウイルス!身近に出来るデイリーな対策は、「手洗い」「うがい」です!

手洗いに関しては、触れる事によって指先に付着したウイルスが、目や鼻や口の粘膜から感染して行く過程がわかるんですが、同じくうがいに関しても、喉の粘膜を鍛える事で、ウイルスの感染予防に繋がる。そんな漠然としたイメージしか無かったので、改めて喉の粘膜にはどのような効果があるのか?を、私自身がネット上で調べた事について、以下にまとめてみました。

さらに喉の粘膜を鍛える方法や、喉に良い食べ物についても調査してみました。

うがいを例に取れば本当にお金をかけずに誰もが簡単に出来る、コロナウイルスやインフルエンザ対策です。(花粉症などのアレルギー対策にもなるようです。)

40代おしゃれっ子男子
喉の内部の器官の構造を知る事で、鼻や口から吸いこんだ空気がどうやって肺に届けられ、その途中の気管にある喉の粘膜が、どういった重要な働きをしてくれるのかが、改めてよくわかりました!

是非、手洗いだけでなく、うがいも徹底されてみてはいかがでしょうか?日本国民の皆さんが一丸となって、この国難を乗り切りましょう!

喉の粘膜の役割

40代おしゃれっ子男子
喉は、咽頭(口を開けた時に鏡で中の様子が見える部分)と、

40代おしゃれっ子男子
外からは見えない喉頭(のどぼとけの内側の部分)から成ります。

40代おしゃれっ子男子
改めてこうしてイラストで喉の中の構造を見ると、中咽頭から食道と気管に分かれるんですね!初めて知りました。💦

喉の主な働きは、

口から食べた物を食道へ。口から吸った空気は気管へ分別する。
深呼吸やふんばる時に肺からの空気が逃げない様に気管で閉じて胸郭を固定する。
発声機能(肺からの空気を咽頭にある声帯を振動させる事で音や声を出す。

そして上記の3つ以外にもう1つ重要な働きが、喉の粘膜による大切な役割です。

喉の粘膜は咽頭の他、喉頭を中心に肺に至る気道の内側に存在しています。その喉の粘膜には、わずか1/1000mmの大きさの線毛がぎっしりと存在しています。

まず最初に口や鼻から取り入れた空気は、咽頭喉頭を通り肺に運ばれます。

しかし空気中には、細菌やウイルスや埃やカビなどの沢山の有害物質が含まれているので、そのまま肺に取り込んでしまうと、肺炎になってしまいます。

そこで最初に気道上の粘膜がそれらを捉え、次にその粘膜にびっしりと生えている線毛が、約0.5~1cm/1分の速さで、それらの異物を排出しています。

そして咽頭まで戻された異物は、食道から胃に入って消化されたり、痰として対外に排出されます。
(ちなみに肺に入った異物が線毛の力によって排出されるまでに要する時間は約30分です。)

以上の事から、喉の粘膜には、線毛と伴に、空気中の細菌やウイルスを排出して、風邪やインフルエンザウイルスやコロナウイルスを予防する為の、非常に重要な役割がある事がわかりました。

喉の粘膜を鍛える方法

次に喉の粘膜を鍛える方法をご紹介致します。

うがい

言わずと知れたうがいです。

40代おしゃれっ子男子
うがいは、咽頭内のウイルスや詰まった痰を洗い流す目的がある他に、のどの粘膜にある線毛の働きを刺激する働きがあります。

つまりうがいの刺激によって、線毛運動が活性化すると言う訳です。
(この事からうがいには、風邪やインフルエンザ予防に有効である理由です。)

首を温める

喉の粘膜と線毛は、寒さに弱いと言った弱点があります。

40代おしゃれっ子男子
よって寒さを克服する為に、喉全体をマフラーやスヌードを巻いて温めてあげるのも1つの有効手段です。

乾燥対策をする

さらに冬の乾燥も、喉の粘膜や線毛活動を弱める原因になります。

40代おしゃれっ子男子
よって乾燥対策で、外でマスクをしたり、家の中では加湿器を使用するのも効果的です。

いずれも喉の線毛対策の他に、ウイルス予防対策にもなるので一石二鳥です。

マスク 300枚入 3層構造 使い捨てマスク 不織布マスク ウィルス対策 飛沫 99%カット 花粉対策 風邪予防 飛沫カット PM2.5対応 大人 男女兼用 防護 花粉 防塵 レギュラーサイズ

正しいうがいの方法

では次にコロナ・インフルエンザ・花粉症の予防対策に効果的な、正しいうがいの方法を習得しましょう!

私も今回初めて知ったんですが、最初からお水を口にいれて上向きの恰好で、ガラガラうがいをするのは間違い×のようです。

やり方

正しい方法
1.口の中に水を含んでまずは軽く、くちゅくちゅうとゆすいで吐き出す
2.次に再度口の中に水を含ませて、今度は斜め45度に頭を傾けてガラガラうがいをして吐き出す
3.もう1度水を含んでガラガラうがいをして吐き出す

ポイント

40代おしゃれっ子男子
ポイントは1回のくちゅくちゅと、2回のガラガラうがいです。

最初に1回くちゅくちゅうがいをする目的は、口の中の雑菌を洗い流す事が目的です。
ガラガラうがいの1回の目安は約15秒です。

それと塩やお茶を使ったうがいも、風邪やウイルス感染予防対策に効果があるのは、いずれも塩とお茶に含まれているカテキンに、殺菌作用があるので、喉の粘膜に付着した雑菌を洗い流してくれる働きがあるからです。

喉の粘膜に良い食べ物

次に喉の痛みや炎症に効果がある食べ物をご紹介致します。
喉にこれらの症状がある原因の1つが、喉の粘膜が傷ついているからです。

野菜

【生姜】ジンゲロール、ショウガオールに喉の殺菌、血行促進、温め効果が有る
【大根】アリルイソチオシアネートやビタミンCに殺菌・抗炎症作用が有る
【ねぎ】ネギオールには抗炎症作用、アリシンに殺菌効果が有る
【黒豆】アントシアニンによる喉の痛み改善効果がある
【ほうれん草】カロテンが体内でビタミンAに代わり、喉の粘膜を強化する働きがある

果物

【金柑】ビタミンC・Aなどの喉の粘膜を強化する栄養素が多く含まれている
【レモン】抗炎症・抗酸化作用のあるビタミンCが多く含まれている
【かりん】抗菌・炎症作用のあるアミグダリンやビタミンCが含まれている
【ゆず】ビタミンCの他にヘスペリジンやリモネンなどの血流改善効果のある成分も含まれている
【金柑】ビタミンC以外にも、ビタミンAなどの喉の粘膜を強化する成分が含まれている
【梨】ソルビトールという、喉の痛みによく効く成分が含まれている

加工食品

【蜂蜜】抗菌・抗炎症作用がある
【カモミールティ】粘膜を健康に保ったり、身体を温める効果がある(気管支系のアレルギー症状にも効果的)
【緑茶】カテキンによる殺菌効果がある

まとめ

今回は、世界的に猛威をふるっている新型コロナウイルスやインフルエンザや花粉症対策などにも有効的な、喉の粘膜を鍛える為の方法や、うがいの正しい方法や、喉によい食べ物をご紹介してみました。

私も改めて喉の粘膜の重要な働きを知る事で、うがいや、喉の日々のケアの大切さを知る事が出来ました!

40代おしゃれっ子男子
特に今回のコロナウイルスの蔓延に関しては、手洗いや除菌などはしっかりと実践をされている方も多いかとは思いますが、うがいに関しては少し疎かにされている方も多いのではないでしょうか?

是非今一度、喉のケアもしっかりと実践されて、コロナ・インフルエンザ・花粉症対策をされてみてはいかがでしょうか?(喉に良い蜂蜜レモン・シロップなどをご自分で作られて、日頃から食べるのも良いです。)

ウイルス感染予防は、ご自分を守るのは勿論の事、子供やパートナーや、職場の方達を守る為の行動にも繋がります!

40代おしゃれっ子男子
最後まで読んで頂き誠にありがとうございます!
「なるほどなぁ!」「為になった!」「もっと読者の為になるような良い記事を書いてね。」と思われたあなたは、私への励ましの意味を込めて、
こちらのバナーボタンを"ポッチ"と押して頂ければ非常に助かります。
Facebook にシェア
Pocket

スポンサードリンク

-健康
-, , ,

Copyright© 40代メンズファッションコーディネート通信|既婚者・独身着こなし術 , 2020 AllRights Reserved.